小説

彼の亡骸に愛をこめて

今から出てくる『彼女』と『彼』が どうか貴方の中で何者にもなりませんように。 *** 「そういう細かいことやたら気にするよね。」 あぁ、またやってしまったな、と彼女は思う。今のは彼女が零した「こういうのって身体だけの関係って言わない?」という…